home > トレインアート

鉄道少年舎

ホーム
製品ラインナップ
京都盆ラマ ワークショップ
盆ラマ オーダーメイド
トレインアート
今後の予定
店主のブログ
リンク
工房紹介
お問合せ
トレインアート「ぐるりと電車がやってきた」
「ぐるりと電車がやってきた」

 
トレインアート「モスクワから来た列車」
「モスクワから来た列車」

 
トレインアート「君住む街で」
「君住む街で」

 
トレインアート「満月の夜とデゴイチと」
「満月の夜とデゴイチと」

 
トレインアート「パシフィック55満月の出庫」
 「パシフィック55 満月の出庫」

 
トレインアート「ステーション帝都中央停車場」
「ステーション帝都中央停車場」

 
トレインアート「第四號列車 東へ」
「第四號列車 東へ」

 
トレインアート「ぼくらの特急列車」
「ぼくらの特急列車」

 
トレインアート「大丸京都店と京都市電」

「大丸京都店と京都市電」
 
   

トレインアート「京都市電 北野線の路面電車」
「京都市電 北野線の路面電車」
 
 
トレインアート「満月の帰り道」

「満月の帰り道」

ある満月の日, 町と町を結ぶ小さなローカル線,
一両の古い電車がゆっくりと丘を走る

 

トレインアート「SL 大淀の太陽」

「SL 大淀の太陽」

九州の国は宮崎
フェニックスが並ぶ大淀川鉄橋を,
今日も蒸気機関車 C61-2 号が走って行く,
太陽を背にして

  

トレインアート「新幹線0系」

「新幹線 0系」

高度成長期のシンボル, 新幹線0系で御座います。
正直, 今まで新幹線0系を描いたのは, 幼い頃の落書き。今から思えば40年。
題材として, 古い鉄道車両や古い建物など描いてきましたが, 
もう0系も過去のものになったのです。
改めてそのスタイルを描いてみると, 当時の日本の意気込みが感じられます。

  

川上哲生

作者  川上哲生 

2歳の頃、父親に連れられて蒸気機関車を見て、鉄道に魅せられる。
20歳の頃、電気ゴテで木板を焦がしながら描く焼き絵で、電車などを描く創作活動を開始。絵は独学。鉄道ジオラマ製作工房「鉄道少年舎」を主宰。工房は京都市左京区。

作品についてのお問合せは、こちらまで

▲このページのトップへ

  

製品ラインナップ ■ワークショップ ■オーダーメイド ■トレインアート
 
今後の予定 ■ブログ ■リンク ■工房紹介 ■お問合せ
 
 
Copyright © 鉄道少年舎 All rights reserved.